ウーマン

細かいところまで脂肪吸引が可能|ベイザーで楽々痩せよう

ラジオ波でメンテナンス

レディ

サーマクールは老化を予防する効果がある美容皮膚科で人気の治療です。ラジオ波を肌に照射するだけで、失われた弾力物質が増殖します。30代になったら定期的にサーマクール治療をすればしわやたるみを予防・改善できます。

詳細

水分を保持する成分を使う

女医

ヒアルロン酸は体内にもある粘性の成分で、皮膚や軟骨などを構成する成分です。この成分は加齢で次第に減り、60代では2割程度になってしまいます。変形性膝関節症などの軟骨成分が減る病気の治療としてヒアルロン酸注入が使われます。また、美容整形でもヒアルロン酸は活用されています。

詳細

脂肪を溶かしながら吸引

ボディ

筋肉の隙間の脂肪

従来の脂肪吸引では、施術部位によっては効果が出にくいことがありました。たとえばふくらはぎなど、筋肉が発達している部位では、筋肉の隙間に脂肪が入り込んでいる状態なので、吸引が困難なのです。ところが現在では、ベイザー脂肪吸引により、そういった脂肪でも吸引できるようになっています。ベイザー脂肪吸引とは、脂肪をベイザー波という特殊なエネルギーで溶かしながらおこなう、画期的な脂肪吸引です。脂肪は通常は固形ですが、ベイザー波によって液状になります。すると筋肉の隙間から流れ出てくるので、そのため吸引が可能になるわけです。ベイザー脂肪吸引により、ふくらはぎはもちろん、足首や顔などからも効率良く脂肪を除去できるようになりました。そのため部分痩せを希望する多くの人が、ベイザー脂肪吸引を受けています。

体のラインのくぼみ

ベイザー脂肪吸引には、施術後の体のラインが美しくなりやすいという特徴もあります。従来の脂肪吸引では、脂肪が固形の状態で除去されていたため、施術後に体のラインにくぼみが生じることがありました。しかしベイザー脂肪吸引では、施術部位のまわりの脂肪も、ある程度は液状となります。吸引した部分にそれが流れ込んでくるため、これにより施術後には大きなくぼみが生じにくくなるのです。もちろん流れ込んだ分だけ、施術部位のまわりの脂肪は少なくなります。つまりベイザー脂肪吸引では、くぼみを生じさせないだけでなく、施術部位を含む広範囲での痩身効果が期待できるということです。よりほっそりとした、美しい体に見えるようになるので、その点からもベイザー脂肪吸引は高く評価されています。

様々な嬉しい効果

婦人

ヒアルロン酸は、身体の中のいろいろなところに存在し、様々な症状を治療することができる成分です。代表的なものは美容整形外科でのシワやたるみの治療です。もともと身体の中にある成分なので、安全性は高いと言えますが、万が一の時にはすぐに対応してもらえるよう、アフターケアの充実したクリニックを選びましょう。

詳細