水分を保持する成分を使う|細かいところまで脂肪吸引が可能|ベイザーで楽々痩せよう
女性

細かいところまで脂肪吸引が可能|ベイザーで楽々痩せよう

水分を保持する成分を使う

女医

ヒアルロン酸とは体内にもあり、ネバネバした粘性の高い成分でN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸から構成されています。ヒアルロン酸は水分を保持する機能がとても高く、1グラムで6リットルもの水分を保持することが出来る成分です。細胞間に多く存在することで細胞を守り、体の皮膚や筋肉や軟骨などを構成する成分となっています。ヒアルロン酸は加齢と共に減少していき、40代では半分ほどに減り60代では2割程度になってしまいます。これにより加齢で体のみずみずしさが失われるので皮膚が乾燥したり関節痛を引き起こします。現在では多くの病院がこれらを治療するために、ヒアルロン酸を注入して見た目や不具合を解消しています。

ヒアルロン酸を使った治療は変形性膝関節症など軟骨がすり減ることで傷みが出る病気に使われます。主に整形外科で使われるこの治療は、歩くことが難しくなり日常生活に支障が出ている患者の生活の質を上げるために行われます。飲み薬や外用薬の効果があまりない場合に、ヒアルロン酸を関節に直接注入することで関節の動きを滑らかにし、軟骨を守ることで痛みや炎症などが酷くなることを抑えます。さらに、美容整形の治療の中でもヒアルロン酸は頻繁に使われています。ヒアルロン酸を皮膚に注入すれば、その肌にハリを持たせて肌の若々しさを取り戻すことが出来ます。これにより、しわやたるみといった加齢による肌トラブルを解消することができます。美容整形で行われるヒアルロン酸注射はダウンタイムも短いので、気軽に利用することが出来るでしょう。